PR

 LINEアプリ利用者の個人情報がLINEの中国関連会社から閲覧できた問題を巡り、LINEは2021年5月31日、同社の出沢剛社長CEO(最高経営責任者)とシン・ジュンホCWO(チーフ・ワオ・オフィサー)の両代表取締役について、役員報酬の3割を2021年6月から8月までの3か月間返上すると発表した。

 同問題を巡っては、政府の個人情報保護委員会が2021年4月23日に個人情報保護法に基づく行政指導を、総務省が2021年4月26日に電気通信事業法に基づく行政指導をそれぞれLINEに対して行っている。LINEはこれら指導に対して既に改善報告を出したとする一方で、出沢社長とシンCWOから役員報酬の一部返上の申し出があり、受理したとした。

関連記事: 個人情報保護委員会がLINEに行政指導、アクセス権・ログ・監査の3つに「駄目出し」 LINE問題はなぜ「違法」ではないのか?個人情報保護委の行政指導があぶり出した課題 総務省がLINEを行政指導、「安全管理措置や利用者への説明が一部不十分」