PR

 パナソニックは2021年6月3日、モバイルノートパソコン「レッツノート」の夏商戦向けモデルを発表した。新たに14型液晶ディスプレーを搭載した「FV1シリーズ」をラインアップに加えた。FV1シリーズの価格はオープンで、店頭モデルの予想実勢価格は24万2000円前後(税込み)から。Web直販モデルの価格は27万6100円(同)から。発売は6月18日以降順次。

レッツノートの新ラインアップ「FV1シリーズ」。14型液晶だが、横幅は「一般的な13.3型パソコンとほぼ同等サイズ」(パナソニック)とする
レッツノートの新ラインアップ「FV1シリーズ」。14型液晶だが、横幅は「一般的な13.3型パソコンとほぼ同等サイズ」(パナソニック)とする
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 FV1シリーズは14型液晶ディスプレーを搭載しつつ、液晶左右のフレーム部を5.3ミリメートル幅に抑えるなどした。これにより「横幅が一般的な13.3型パソコンとほぼ同等サイズ」(同社)として持ち運びやすくした。液晶パネルは3対2と、一般的な16対9よりやや縦長とした。解像度は2160×1440ドット。本体の体積は、14型液晶の従来機「LVシリーズ」と比べ28%縮小している。

 FV1シリーズの店頭モデルは4モデル用意する。店頭モデルのCPUはCore i7-1165G7またはCore i5-1135G7、メモリーは8ギガ~16ギガバイト、内蔵SSD容量は256ギガ~512ギガバイト。外形寸法は幅308.6×奥行き235.3×厚さ18.2ミリメートル、軽量バッテリーパック装着時の重さは999~1039グラム。バッテリー駆動時間は軽量バッテリーパック装着時で約11~11.5時間、大容量バッテリーパック装着時で約21~22時間。法人モデルとWeb直販モデルは、オプションで5G(第5世代移動通信システム)の通信モジュールを内蔵可能。