PR

 ネットワンシステムズは2021年6月7日、架空取引と会社資金の流出に関わった元社員2人が警視庁に逮捕されたと公表した。ネットワンは2人を懲戒解雇した後に、刑事告訴をしていた。逮捕事実を公表した適時開示で、「捜査に全面協力し、真相の解明に努める」とのコメントを出した。

 逮捕された容疑者のうち1人は、ネットワンが2020年3月に公表した不正会計の調査結果で正規の取引に架空の注文を紛れ込ますなどの架空取引を実行した人物。2020年2月に懲戒解雇され、2021年3月に詐欺罪の容疑で警視庁に逮捕されていた。今回は新たな架空取引の容疑により詐欺罪で再逮捕された。

 もう1人は、ネットワンが2020年12月に公表したもう1つの不正会計事件の調査結果により会社資金を流出させたとして2020年12月に懲戒解雇された人物。警視庁は今回、背任罪の容疑で逮捕した。実態のない架空の注文でネットワンに代金を支払わせて、自身に還流させた容疑とみられる。

 ネットワンは捜査に協力するともに、企業グループが一丸となって再発防止の徹底と信頼回復に努めるとした。