TISは2021年6月7日、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といったXR技術を使ったバーチャルツアーサービス「XR Campus – ツアー」のトライアル版を2021年6月下旬から提供すると発表した。申し込みは6月8日からで、トライアルサービスは2021年9月末まで。

 同サービスは現実空間の360度動画をベースにした仮想空間を提供する。ツアー参加者は任意の場所からパソコンやスマートフォンで参加し、アバターを操作して仮想空間内を自由に移動したり他の参加者などと音声でコミュニケーションしたりすることで「同じ場所に存在している」感覚を持てる。

 活用シーンは観光やショールーム施設などの見学で、ガイド役が案内することによって、現地にいるような臨場感を体験できるとしている。TISは新型コロナ禍により生じたリモートコミュニケーションに対するニーズの高まりをくみ取る狙いがある。