PR

 電通は2021年6月7日、インターネットに接続されたIoT家電のデータを活用して統合マーケティングを行うソリューションの提供を開始すると発表した。名称は、「domus optima(ドムス・オプティマ)」(β版)。

IoT家電のデータを活用したマーケティングソリューションの提供開始
IoT家電のデータを活用したマーケティングソリューションの提供開始
(出所:電通)
[画像のクリックで拡大表示]

 第1弾として、エアコンや空気清浄機、オーブンレンジなど約40万台のIoT家電の利用時間や利用方法といったデータを活用し、利用時間や利用方法などから生活者の潜在的な需要を推定した上で広告配信したり、効果検証したりすることが可能なソリューションの提供を始める。AIoTのビジョンの下で家電データの利活用を推進するシャープからIoT家電データの提供を受けて、利用者が利用許諾し同意した範囲で活用する。

 大手食品メーカーによるトライアルでは、オーブンレンジを使用するユーザーに対し温めるだけで本格料理が作れる商品をデジタル広告で訴求、CTR(Click Through Rate、クリック率)を35%改善できたという。また、ファミリー向け中型オーブンレンジを所有し、冷凍食品の「あたため」機能の利用が多い利用者の場合に広告への反応が高いなど、今後の商品の訴求方法についてのインサイトを得ることができたという。

 名称の「domus optima」は「快適な家」という意味で、家の中のIoT家電データから、家の中・家の外での心地よい生活体験を提供することを目指す。電通グループはこれまで、IoT家電の1つとしてテレビ機器のデータを活用した「STADIA」の開発・運用を進めてきている。今回のソリューションはテレビの視聴データやスマートフォンの位置情報と連携可能で、将来的には、例えば季節の食材を使った料理特集がテレビ放送されているタイミングに合わせ、番組を視聴してかつオーブンレンジを使用する利用者に対して、レンジで簡単に調理できる料理のレシピをスマホや家電を通じて知らせるといったことを実現していく。

将来的な目指す姿の例
将来的な目指す姿の例
(出所:電通)
[画像のクリックで拡大表示]

発表資料