PR

 米セールスフォース・ドットコムは2021年6月15日、同社が提供するクラウドサービスにアクセスできない状況にあったことをSNS上で報告した。障害が明らかになったのは同日の日本時間の午後1時頃で、同じく日本時間の午後2時頃に解消したという。セールスフォースの広報は「アクセス障害はインターネットサービスプロバイダー(ISP)が抱える問題に起因していたことがわかっている」と説明した。

 アクセスできなくなっていたのは顧客関係管理(CRM)サービスの「Experience Cloud」や開発者向けにCRMの開発環境を提供する「Heroku」などを含む同社の全てのサービスだ。これらのサービスにアクセスした際に空白のページが表示される状態になっていたという。障害の影響を受けたユーザー数は「不明」(広報)。ISPがネットワークの再ルーティングをしたことで障害が解消した。

セールスフォースはSNS上でアクセス障害を明らかにした
セールスフォースはSNS上でアクセス障害を明らかにした
[画像のクリックで拡大表示]