民放公式テレビポータル「TVer」を運営するTVerは2021年6月23日、同日開催の株主総会および取締役会において、在阪民放5社を引受先とする第三者割当増資の実施を決議したと発表した。

 新たにTVerの株主となるのは、MBSメディアホールディングスと朝日放送テレビ、関西テレビ放送、読売テレビ放送、テレビ大阪。増資後の持ち分は、テレビ大阪が1.0%、残りの4社が1.8%となる。同率の筆頭株主である在京民放5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSホールディングス、テレビ東京、フジ・メディア・ホールディングス)の持ち分はそれぞれ16.4%となる(増資前は17.9%)。

増資前と増資後の株主構成
増資前と増資後の株主構成
(出所:発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 TVerは今回の第三者割当増資の実施について、「在阪民放5社の新たな資本参加により連携を強化し、TVerのサービス拡張と成長スピードを加速させる」としている。

発表資料