PR

 中国スマートフォン大手の小米(シャオミ)は2021年6月24日、5G(第5世代移動通信システム)対応のSIMロックフリースマホの中位モデル「Mi 11 Lite 5G」を日本市場向けに発表した。価格は税込み4万3800円。発売は7月2日以降順次。

シャオミが「Mi 11 Lite 5G」を日本で発売へ
シャオミが「Mi 11 Lite 5G」を日本で発売へ
(出所:シャオミ)
[画像のクリックで拡大表示]

最新SoC搭載、SIMフリー初のおサイフ対応も

 SoC(system on a chip)には米Qualcomm(クアルコム)製の「Snapdragon 780G」を搭載。回路線幅を5ナノ(ナノは10億分の1)メートルとした最新SoCで、シャオミによれば同品種を搭載したスマホは日本初とする。中位品種でありながら、上位品種の800番台に近い性能を得られるという。

 また、シャオミの日本市場向けSIMフリー製品としては初めてFeliCa方式の非接触ICチップを搭載し、おサイフケータイに対応。6.55型のディスプレーを搭載しつつ、本体の厚さを約6.8ミリメートル、重量を約159グラムにとどめるなど薄型軽量も特徴とした。

 背面のカメラは3基を搭載。メインカメラは6400万画素、超広角カメラは800万画素、テレマクロカメラは500万画素とした。動画撮影機能では、空の部分を検出して修整する機能を強化した「AIスカイスケーピング3.0」を備える。悪天候でも晴天下で撮影したかのような動画に自動修整できるとする。タイムラプス撮影(微速度撮影)やVLOG(ブイログ、動画で記録する日記)撮影の機能も従来モデルより強化した。

Mi 11 Lite 5Gの背面カメラ
Mi 11 Lite 5Gの背面カメラ
(出所:シャオミ)
[画像のクリックで拡大表示]

 前面カメラは2000万画素で、ディスプレー左上隅に設けた穴に配置している。「ビューティーモード」では肌や唇など顔のパーツを検出し、パーツごとに異なる修整パラメーターを適用することで、自然な仕上がりになるよう改良した。

 ディスプレーは有機EL方式で、画面表示は90Hz駆動、タッチパネルは240Hz駆動。生体認証は、本体側面の指紋センサーによる指紋認証機能と前面カメラによる顔認証機能を備える。

 メモリーは6GB、ストレージは128GBを搭載する。SIMカードスロットはmicroSDとの排他利用となるデュアルSIMで、5Gの周波数はSub 6に対応。Wi-Fi 6も利用できる。バッテリー容量は4250ミリアンペア時で、33ワットの急速充電に対応する。OSはAndroid 11をベースとした「MIUI 12」を搭載する。

Mi 11 Lite 5Gの主な特徴
Mi 11 Lite 5Gの主な特徴
(出所:シャオミ)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体カラーはミントグリーン、トリュフブラック、シトラスイエローの3色を展開。仮想移動体通信事業者(MVNO)、ECサイト、家電量販店などで順次販売する。

Mi 11 Lite 5Gの価格と販売チャネル
Mi 11 Lite 5Gの価格と販売チャネル
(出所:シャオミ)
[画像のクリックで拡大表示]