高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は2021年7月1日、東京・渋谷の一部エリアで相乗り交通サブスクリプションサービス「mobi(モビ)」を始めた。月額5000円(税込み)の定額で指定エリア内が乗り放題となり、同居家族は1人当たり500円(同)で追加登録できる。

JR渋谷駅前に停車したmobiの車両
JR渋谷駅前に停車したmobiの車両
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大乗客6人のワンボックスカー2台を使い、運行は東京エムケイ(東京・港)が担う。エリアは渋谷区のうち、渋谷駅や原宿駅、代々木上原駅などに囲まれた一帯。エリア内に100カ所程度の乗降地点があり、会員は専用アプリか電話で出発地と目的地を指定してクルマを呼び出す。AI(人工知能)が複数の会員からの呼び出しを処理し、呼び出しからおおむね10分ほどで配車するという。

アプリでクルマを呼び出すところ
アプリでクルマを呼び出すところ
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者の30代女性は、渋谷駅から徒歩10分程度の住宅街に住む。「雨の日や、子供を連れているとき、買い物で荷物が多いときなどは渋谷駅までタクシーを使っていた。mobiはタクシーよりやや配車に時間がかかる印象だが、定額料金はありがたい。安いスーパーが多い代々木上原方面は自宅から少し遠かったが、今後は便利に買い物に行けそうだ」と話した。

 村瀬茂高代表取締役は「新型コロナ禍の新しい生活様式により、半径2キロメートル程度の生活圏内を移動する頻度が増している。徒歩や自転車、路線バス、マイカーも使えるが、それぞれ一長一短ある。mobiで移動をもっと自由にしたい」と述べた。

WILLERの村瀬茂高代表取締役
WILLERの村瀬茂高代表取締役
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]