PR

 料理宅配大手の出前館は2021年7月5日、キャリア決済に関するトラブルの経緯について発表した。2018年8月から2021年4月15日まで2年以上にわたりシステムに不具合があり、一部顧客に宅配サービスの利用料金を請求できていなかった。現在は全ての不具合を解消したという。

出前館が公表した「決済の不具合に関するご報告とお詫び」
出前館が公表した「決済の不具合に関するご報告とお詫び」
(出所:出前館)
[画像のクリックで拡大表示]
関連記事 出前館でキャリア決済処理の不具合、過去分の一括請求で利用者から悲鳴の声

 不具合があったのは、「d払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」などのキャリア決済を使った注文の一部。原因について同社は「今回の事象は特定の決済でシステムに不具合が生じ、注文時に自動返金処理が行われていた」(広報)とのみ回答した。

 被害を受けた顧客は少数であるとして、個別に対応しているという。具体的な被害者の数や金額などは「顧客の個人情報にも関わるため詳細は差し控える」(同)とした。不具合は2年以上続いたが「過去の決算数字が変更になることはない」(同)という。

 出前館がトラブルを正式に公表する前から、SNS(交流サイト)では過去に遡って利用料金を一括請求された一部の顧客が事態を指摘していた。同社が決済の不具合に関する「お知らせページ」のURLを対象者のみに送ったこと、さらに検索エンジンの対象から外す「noindex」タグを同ページに設定していたことについて、SNS上で非難する声もあった。