PR

 米IBMは2021年7月2日(現地時間)、ジム・ホワイトハースト社長が退任すると発表した。同氏は2020年4月に社長に就任したばかりだった。退任理由や後任についてIBMは明らかにしていない。

退任するジム・ホワイトハースト米IBM社長
退任するジム・ホワイトハースト米IBM社長
(出所:米IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホワイトハースト氏は、IBMが2019年7月に340億ドルで米レッドハットを買収した際、レッドハットのCEOを務めていた。2020年4月、それまで8年間にわたってIBMの指揮を執っていたバージニア・ロメッティ氏から社長を引き継いだ。IBMではアービンド・クリシュナ会長兼CEO(最高経営責任者)とのタッグでクラウドやオープンソースを軸とした成長戦略をけん引し、クリシュナ氏の後継候補の1人と目されていた。

 クリシュナ氏は今回の発表で「ジムはIBMの社長を退任するが、引き続きシニア・アドバイザーとして事業の発展を目指すIBMリーダーシップ・チームとともに尽力する」と述べている。