CCCマーケティングは2021年7月5日、全国の広告主や広告会社向けに最適な枠へ最適な量を出稿するためのプランニング・バイイング・効果検証を一気通貫で実施する循環型のテレビCMマーケティングサービスの提供を7月に開始したと発表した。同社は7月にテレビCMの販売代理業を開始した。

 このサービスでは、Tカード番号に対応するコネクテッドテレビ(CTV)で登録を行ったT会員の視聴データ(45万人分)と、登録を行っていない同会員を含む購買データ(7000万人分超)を活用する。これにより、テレビCM接触者がそのCMの商品を実際に店舗で購買したかどうかを可視化する。CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携することで、さらなる投資対効果の改善に向けて、デジタル広告を含むクロスメディアのマーケティングプランニングを行うことも可能。CCCマーケティングは、「Tポイントの購買履歴データを基に、デジタル広告やテレビCMの接触者に対する購買効果を可視化できるこのサービスは、これまでにない循環型マーケティングの誕生と考えている」としている。

循環型テレビCMマーケティングのイメージ
循環型テレビCMマーケティングのイメージ
(出所:発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 このサービスでは、15秒CMを1本単位で購入できるSAS(Smart Ad Sales)の手法で販売されるテレビCM枠に、CCCマーケティングが利用するユニークデータを連係させる。その後、詳細なマーケティングターゲットに対するリーチや1人当たりのフリクエンシー(広告接触回数)など、各種のKPIを基に最適なCM枠の組み合わせを設計の上、販売を行う。販売対象とするのは在京民放5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)のテレビCM枠で、今後は中京・関西エリアへの拡大も予定する。

発表資料