PR

 米Analog Devices(ADI)は、最大データ伝送速度が10Gビット/秒(bps)と高いデジタルアイソレーターICを発売した ニュースリリース 。画像データ伝送ラインの絶縁やアナログ・フロント・エンド(AFE)回路における絶縁、データ処理回路間の絶縁、プリント基板間における光ファイバー伝送の置き換えなどに向ける。具体的な応用機器は、デジタルヘルス機器や医療用画像診断機器、計測器、スマートファクトリー機器などである。

最大データ伝送速度が10Gビット/秒と高いデジタルアイソレーターIC
最大データ伝送速度が10Gビット/秒と高いデジタルアイソレーターIC
(出所:Analog Devices)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大2.5Gビット/秒の伝送チャネルを4個並列に用意することで最大10Gビット/秒のデータ伝送速度を実現した。伝送チャネルはLVDS(Low Voltage Differential Signaling)方式を採用。各伝送チャネルの絶縁耐圧は5.7kVRMSを確保した。誘電体(絶縁バリアー)層を2個のコイルで挟むことで絶縁とデータ伝送を可能にする同社独自技術「iCoupler」を採用した。LVDSレシーバー回路とLVDSドライバー回路は「TIA/EIA-644-A」規格に準拠する。CML(Current Mode Logic)方式の高速データ信号の伝送も可能である。

新製品の内部ブロック図
新製品の内部ブロック図
(出所:Analog Devices)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の型番は「ADN4624」である。各伝送チャネルの伝搬遅延時間は2.15ns(標準値)。ランダムジッター(RJ)は0.82ps(標準値)。デターミニスティックジッター(DJ)は28ps(標準値)。トータルジッター(TJ)は40ps(標準値)である。瞬時コモンモード除去電圧(コモンモード過渡耐性)は±100kV/μs(標準値)と高い。電源電圧は+1.8V単一で動作する。絶縁バリアー層の静電気放電(ESD)耐圧は接触放電モデルで±8kVを確保しており、「IEC 61000-4-2」規格に準拠する。

 パッケージは、横幅を広げた(ワイドボディー)28端子SOIC_FPである。空間距離と沿面距離はどちらも8.3mmを確保した。動作温度範囲は−40〜+125℃。すでにサンプル出荷と量産出荷を始めている。1000個購入時の参考単価は16.50米ドルである。応用開発向けに評価ボード「 EVAL-ADN4624EB1Z」を用意した。

新製品の評価ボード「 EVAL-ADN4624EB1Z」
新製品の評価ボード「 EVAL-ADN4624EB1Z」
(出所:Analog Devices)
[画像のクリックで拡大表示]