PR

 博報堂DYホールディングスは2021年7月7日、同社と米Holotch社が物理的に離れた空間の間でボリュメトリックビデオをリアルタイム配信する実験を実施したと発表した。

 ボリュメトリックビデオとは、いわば実写で作り出す3DCG(立体動画)のことで、物理空間を3次元の立体映像として記録する。目の前に投影された映像をスマートフォンやARグラスを介して自由なアングルから鑑賞したり、記録した空間および人や物などを別の空間でそのまま再生したりすることが可能になる。Holotch社は、このボリュメトリックビデオをリアルタイムに撮影、配信する基礎技術の開発を行っている。

 今回の実験は、持ち運び可能な機材を用いたボリュメトリックビデオの撮影やリアルタイム配信における現状の技術課題や運用課題を明らかにすることを目的に実施した。具体的には、約9.5メートル離れた2つの舞台にそれぞれ立った能演者のボリュメトリックビデオをリアルタイムに相互のステージに配信し、鑑賞者がスマートフォンやXRグラスを介して1つの能舞台として鑑賞できるという実験的な体験を構築した。

リアルタイムに転送されたボリュメトリックビデオの演者と共演(ARデバイスでの視聴イメージ)
リアルタイムに転送されたボリュメトリックビデオの演者と共演(ARデバイスでの視聴イメージ)
(出所:博報堂DYホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 通常、高品質なボリュメトリックビデオの撮影には専用のスタジオが必要で、リアルタイム配信・鑑賞にも高価な専用機材が必要だが、今回の実験により、持ち運び可能な小型機材によるボリュメトリックビデオの撮影・リアルタイム配信・鑑賞体験が可能であることが確認されたとする。

 この実験は、能が持つ身体性やAR/VRとの融合を探究するプロジェクト「NOH&」(能楽師の安田登氏が主宰)の協力を得て実施した。実施に当たり、博報堂が運営する研究機関「UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)」と連携した。

発表資料