名古屋市などで光インターネットやケーブルテレビ事業を展開するスターキャット・ケーブルネットワークは2021年7月8日、映画館で映画を鑑賞し放題のサブスクリプションサービスとネット、テレビをセットにした新メニューを同月に投入したと発表した。

 スターキャットが提供する放送、通信サービスの最上位プランとして、映画館で映画鑑賞できるサブスクリプションサービスを追加した。同社直営の映画館「伏見ミリオン座」と「センチュリーシネマ」で映画を鑑賞できる。

 メニューは、実質負担額が月額2475円(税込み)で回数無制限で映画館で映画を楽しめる「プレミアムシート★デラックス」に加えて、同825円(税込み)で月2回まで映画館で映画を楽しめる「プレミアムシート」も用意した。

 ケーブルテレビサービスとインターネット接続サービスに加えて、映画サブスクリプションをセットにしたメニューの提供は日本初という。いずれのメニューもVODとして映画などを視聴し放題の動画配信サービス「みるプラス見放題パックプライム」サービスがセットになっているので、家庭でも映画館でも映画を楽しむことができる。

発表資料