PR

 NECは2021年7月9日、大阪府泉佐野市と地域観光の活性化を目的とする連携協定を締結したと発表した。第1弾としてシェアサイクルの位置情報などを参考に、周囲の観光情報をシェアサイクル利用者のスマートフォンに配信する観光サービスを開始する。

NECが提供するサービスのイメージ
NECが提供するサービスのイメージ
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 両社はシェアサイクルを2021年7月12日から始める。自転車シェア事業のオーシャンブルースマート(東京・板橋)が提供するサービス「PiPPA(ピッパ)」を使い、市内に駐輪ポートを4カ所設ける。PiPPAのシェアサイクルの鍵にはGPS端末を埋め込んであり、同社が位置情報を収集できるようになっている。利用する際は、位置情報の収集に同意して会員登録をする必要がある。

 同市のPiPPA利用者に観光情報を配信するサービスは2022年度から始める。観光情報を受け取るには会員登録時の同意とは別の同意が必要で、同意した利用者の位置情報のみを分析の対象にするという。