PR

 マクニカは2021年7月14日、AI(人工知能)に脳科学の知見を融合して新たな技術の開発や社会実装を目指す専門組織「BRAIN AI Innovation Lab.(BRAIL)」を設立したと発表した。国内外の企業や研究機関などと連携して脳波や脳血流などの情報をAIで解析し、製造業や健康・医療、マーケティングなどの幅広い領域に活用する。

 AIでは一般に、精度を高めるために画像データなどを使って正解を学習させるラベリング作業が必要となる。BRAILでは例えば、脳波などを使って製造業や医療の現場で働く人の暗黙知をデータ化してラベリング作業に役立て、生産性向上や人手不足の解消を実現するといった活動を想定している。

 BRAILの取り組みは、技術やサービスの進化に脳科学の知見を生かす「ブレインテック」の領域に位置づけられる。BRAILのプリンシパルに就任したマクニカの楠貴弘氏は同日の会見で「オープンイノベーションで世界中の大学や企業と連携したい。プロジェクトや実証実験を進めながら知見をためていき、ブレインAIの適用範囲を広げていきたい」と意気込みを語った。

マクニカの楠貴弘氏。AIに脳科学の知見を融合させ新技術の開発を目指す専門組織「BRAIN AI INNOVATION Lab.(BRAIL)」のプリンシパルに就任
マクニカの楠貴弘氏。AIに脳科学の知見を融合させ新技術の開発を目指す専門組織「BRAIN AI INNOVATION Lab.(BRAIL)」のプリンシパルに就任
(出所:マクニカ)
[画像のクリックで拡大表示]