PR

 エフエム東京は2021年7月14日、データによる音声広告の効果検証基盤を構築し、広告出稿による購買などの行動変容や意識変容の効果をデータで可視化できるようになったと発表した。

 構築した効果検証基盤では、ラジオのインターネット同時送信サービス「radiko」におけるエフエム東京をキーステーションとするJFN全国38局の聴取データと、購買・来店・サイト来訪といった外部データを突合する。これにより、番組やCMを聴取したリスナーが購買・来店・サイト来訪・入会などの行動をしたかどうかの追跡を可能にした。この基盤は、「聴取実データと行動実データを突合しているので、聴取の有無および行動の有無の判定が確実」「JFN38局のradiko聴取データ全てに対して追跡でき、サンプル数が多い」ことから検証結果の信頼性が高いとする。

 検証の実施例をいくつか紹介した。例えばエフエム東京のワイド番組「Skyrocket Company」(毎週月曜日~木曜日放送)では、ある飲料メーカーの提供コーナーとCMを放送している。提供開始前および提供開始後のradiko聴取データと、ロイヤリティ マーケティングが運営する「Ponta」の会員による提供社飲料購買データを突合した結果、提供開始前と比べて提供開始後には、リスナーの提供社飲料購買率が105.3%に上昇したという。ライトリスナー(聴取時間が一定以下のリスナー)の購買率アップが104.8%に対し、ヘビーリスナーの購買率アップは114.8%と大きく上昇した。さらに、提供社の競合他社が扱う同類飲料の購買率は、提供開始前と比べて提供開始後は83.5%に下降した。

 エフエム東京は、ラジオ放送を含むオーディオコンテンツビジネスのデジタルトランスフォーメーションを推進するため、radikoの聴取データに加えて、自社のWebサイトアクセスデータ、デジタルオーディオコンテンツプラットフォーム「AuDee」のアクセスおよび聴取データなど同社が保有するほぼ全てのリスナーのデジタルデータを、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)に格納し、様々な戦略を推進している。今回の音声広告の効果検証基盤は、このCDP活用の一例として構築した。同社は、インターネット広告と同等の効果検証レポートを出して音声広告の出稿効果を可視化・実証することで、音声ビジネスの拡大を図る方針。

発表資料