PR

 トヨタ自動車は2021年7月19日、小型ハイブリッド車(HEV)「アクア」を全面改良して、発売した(図1、2、3)。燃費性能を先代比で約2割高めた注1)ほか、駐車支援システムや回生ブレーキの性能を向上させた。電池に関しては、バイポーラ型のニッケル水素電池を駆動用として世界で初採用した。全面改良は11年の発売以来となる。価格は198万円(税込み)から。

注1)先代車「アクアL」と新型「アクアB」のWLTCモードでの燃費を比較した。
図1 トヨタの新型「アクア」
図1 トヨタの新型「アクア」
写真は「アクアZ」のFF(前部エンジン・前輪駆動)車である。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 斜め後ろから
図2 斜め後ろから
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 新型アクアのインストルメントパネル
図3 新型アクアのインストルメントパネル
10.5インチのディスプレイをトヨタの小型車として初めて採用した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]