PR

 フューチャーリンクネットワーク(FLN)とテレビ信州、軽井沢町は、三者で協働し、地上デジタル放送を利用した情報伝達手段の実証実験を実施する。2021年7月16日付で、実証実験に関する協定書を締結した。

 消防庁は、地上デジタル放送波を利用した新しい情報伝達手段について社会実装に向けた実証実験を行うことを計画している。災害が発生した際に、防災行政無線の屋外スピーカーからの音声が十分に聞こえにくい状況もあるため、屋内に設置する戸別受信機による情報伝達が有効と考えられるためである。災害情報を地上デジタル放送波に乗せる手段として、IPDC(Internet Protocol Data Cast)を利用する。

 FLNはこれまでLアラートの開発事業や、V-Low帯を使用した防災情報の伝達の実証実験事業など、以前から災害情報伝達に関する事業に参画してきた。これまでの知見や実績を受けて、複数のエリアで消防庁による今回の実証事業を受注したという。

 実証実験では、住民に地上デジタル放送用屋内受信機を配備する。軽井沢町が避難情報などの防災情報データを発信し、テレビ信州が地上デジタル放送波に乗せて屋内受信機やサイネージに防災情報を配信する。軽井沢町からテレビ信州への情報伝達経路をFLNが整理し、地上デジタル放送波を用いた情報伝達の実効性などを確認する。

 同様の実証実験は、例えば読売テレビ放送の放送波を利用する形で、兵庫県加古川市でも計画されている。FLNは、加古川市とも2021年7月14日付で「地域の安全・安心及びスマートシティの推進に関する包括連携協定」を締結、加古川市における地デジIPDC技術を活用した災害情報伝達手段の確立に向けてより包括的に知見・技術などを提供していくこととなったと発表している。

発表資料