PR

 ホンダは2021年7月19日、自動配送ロボットの実証実験を開始したと発表した。本田技術研究所と楽天グループが、筑波大学の校内と一部公道で実施する。同ロボットを使った商品配送サービスの提供によってホンダと楽天は、ラストワンマイル配送の効率化を目指す。

 実証実験の期間は21年7月19日~8月31日。一部公道を含む筑波大学校内の宿舎周辺(全長約500m)で実施する。今回の自動配送ロボット(以下、自動配送車)は、本田技術研究所が開発した自動配送用プラットフォーム(車体)に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載した。走行中は、楽天モバイルの移動通信回線を用いて車両を遠隔監視する(図1)。

着脱式電池パックを使う自動配送車
図1 着脱式電池パックを使う自動配送車
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動配送車には、ホンダの着脱式リチウムイオン電池パック「モバイルパワーパック」を搭載する。複数の電池パックを用意し、一部のパックを事前に充電しておくことで、電池パックを交換するだけで配送作業を継続できる。

 新型コロナウイルス禍によって、ラストワンマイルにおける「遠隔・非対面・非接触」による配送ニーズが高まっており、少子高齢化に伴う配達員不足への対応も課題となっている。ホンダと楽天はこうした課題の解決を目指し、今回の実証実験を行うことにした(図2)。

筑波大校内における実証実験の様子
図2 筑波大校内における実証実験の様子
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、楽天は21年3月23日~4月22日に神奈川県横須賀市内において、西友やパナソニックと共同で自動配送車の実証実験を実施した。パナソニックが開発した自動搬送車を用いて、実験に参加した住民に「西友馬堀店」で扱う商品を配送した。