PR

 トヨタ自動車は2021年7月20日、直営販売会社であるトヨタモビリティ東京の販売店「レクサス高輪」で不正車検があったと発表した()。一部の検査を実施しなかったことに加えて、基準を満たす値に改ざんしていた。

図 オンライン会見の様子
図 オンライン会見の様子
左からトヨタ国内販売事業本部本部長の佐藤康彦氏、トヨタモビリティ東京代表取締役社長の関島誠一氏、同社常務執行役員の板垣俊美氏。(出所:日経Automotiveが画面キャプチャ)
[画像のクリックで拡大表示]

 21年6月17日、国土交通省関東運輸局東京運輸支局が同販売店の監査に入り、明らかになった。ヘッドランプの明るさと前輪の角度、駐車ブレーキの効きの3項目の検査で基準を満たす値への書き換えをしたことに加えて、排ガスの成分とスピードメーターの精度の検査を実施しなかった車両があった。

 トヨタは不正の原因を2点挙げた。1つめは、仕事量に対して整備技術者などの人員や設備の増強が追い付かず、慢性的に高負荷な状況が続いていたこと。2つめは、決められた時間内に検査を終わらせることを最優先していたことだった。トヨタモビリティ東京代表取締役社長の関島誠一氏は「レクサス高輪は、1人当たりの作業量が多い上、残業時間が他の販売店に比べ月10時間程度長かった。恒常的に高い負荷で仕事をしていた」と明かした。

 不正検査があったのは565台で、不正に関わった検査員は4名である。行政処分については国土交通省の対応を待つという。