PR

 スカパーJSATは2021年7月20日、総務省公募案件「令和3年度 情報通信技術の研究開発に係る提案」における「グローバル量子暗号通信網構築のための衛星量子暗号技術の研究開発」の受託先として選定されたと発表した。

 衛星によるデータ通信においては、セキュリティーレベルのさらなる向上が求められている。スカパーJSATは今回の選定結果を受け、見通し通信量子鍵配送技術および物理レイヤ暗号技術(鍵配送の高速化と長距離化を図ることができる鍵配送方式技術)の研究開発を行う。

 これにより、地上から低軌道、中軌道、静止軌道まで含めたグローバルなスケールでの量子暗号通信網の実現への貢献を目指す。

衛星を用いた量子暗号通信網のイメージ
衛星を用いた量子暗号通信網のイメージ
(出所:発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

発表資料