PR

 米国の半導体製造会社GlobalFoundries(GF)は2021年7月19日、最先端設備を備えた新工場をニューヨーク州北部に設立すると発表した。世界的な半導体不足解消に向けて、同州Maltaにある第8工場への追加投資を含め、Malta地区の製造能力を2倍に増強する。

(出所:GlobalFoundries)
(出所:GlobalFoundries)
[画像のクリックで拡大表示]
関連ニュースリリース1: GlobalFoundries Plans to Build New Fab in Upstate New York in Private-Public Partnership to Support U.S. Semiconductor Manufacturing

 今回の計画は、米国の半導体サプライチェーンが抱える半導体不足の問題解決に向け、米国政府と産業界リーダーが協議した場で発表された。この会議には、GFのCEOであるTom Caulfield氏のほか、米国上院院内総務Chuck Schumer氏、米国商務長官で元国防総省官僚のGina M. Raimondo氏、半導体サプライチェーン関連企業幹部などが参加している。

(出所:GlobalFoundriesのTwitter)
(出所:GlobalFoundriesのTwitter)
[画像のクリックで拡大表示]

 GFは10億米ドルを投じて、現在の工場内に、新たに年間15万枚のウエハー処理が可能な設備を追加し、世界的な半導体不足に対処する。加えて、最先端技術に対応する工場を設立し、1000人以上の直接雇用と、建設雇用を含む数千人の間接雇用を行う。資金は、第8工場設立時と同じく、一般企業から州、国家までを含む官民パートナシップを通じて調達する。新工場では、自動車や5G、IoTなど、高成長市場で必要とされる、セキュアで高機能なチップを製造していく。安全な半導体サプライチェーン実現のため、国家安全保障要件にも対応できるものにする。

 GFは同年6月にシンガポールの新工場設立も発表している。今回の米国新工場設立への投資も、米国での半導体製造能力を高め、世界中の顧客からの半導体需要に応えるためだとしている。

関連ニュースリリース2: GLOBALFOUNDRIES Breaks Ground on New Fab in Singapore