PR

 米Zoom Video Communications(ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ)は2021年7月21日(現地時間)、ビデオ会議サービス「Zoom」でオンラインイベントを開催できる新機能を発表した。同日から利用を開始した。同時にZoomの機能を拡張する「Zoom Apps」についても本格的に提供することを明らかにした。

 Zoomのオンラインイベント機能「Zoom Events」は、イベントやプログラムの設定、告知、参加者の受け付けといったことを可能にする。これまでZoomとイベント申し込みサイトやイベントのプラットフォームサービスと連携させていた機能を、単独で実現できるようになった。Cisco Webex、Microsoft Teamsを加えた3大ビデオ会議サービスの中で、Zoomは本格的なイベント開催機能に初めて対応した。

 Zoom Eventsの担当者は「あらゆる規模の企業が、カンファレンス、顧客イベント、トレードショー、社内イベントなどをZoom上でシームレスに管理できるようにした。今回、よりインタラクティブに対応できる機能も盛り込んだ」と説明する。

イベントごとの収支管理も可能に

 具体的には次のようなイベント管理機能を利用することができる。イベント作成やチケット発行、告知ページ作成などだ。

(出所:Zoom Video Communications)
イベントを作成し、参加者や主催者用のチケットを発行できる。チケットは無料と有料を設定でき、決済も可能だ
(出所:Zoom Video Communications)
[画像のクリックで拡大表示]
外部向けのイベント告知のページも生成できる
外部向けのイベント告知のページも生成できる
(出所:Zoom Video Communications)
[画像のクリックで拡大表示]

 1つのイベント内に時系列に複数のセッションを設定し、管理したり、利用者からの参加を受け付けたりできる。ライブと録画の両方のイベントに対応する。参加者に対してイベント主催者がアンケートを実施し、その内容を外部企業などに共有する、いわゆる第三者提供のレベルも設定可能だという。

イベント内の複数セッションを時系列で表示する画面例。セッションごとに設定・管理したり、利用者からの参加を受け付けたりできる
イベント内の複数セッションを時系列で表示する画面例。セッションごとに設定・管理したり、利用者からの参加を受け付けたりできる
(出所:Zoom Video Communications)
[画像のクリックで拡大表示]

 イベントごとの参加人数や収入などを一覧し、比較できるようにした。複数の日程や、同時に複数のトラックを管理する機能については2021年秋に提供するという。

イベントごとの参加人数や収入などを一覧し、比較できる
イベントごとの参加人数や収入などを一覧し、比較できる
(出所:Zoom Video Communications)
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか参加者同士がチャットで意見を交換したり、連絡先を交換したりする機能「ロビー」も提供する。ロビーに集まることで、イベント中だけでなく事前や事後にも交流が可能だ。

 イベント機能を利用するには「Zoom Meetings Pro」など企業向けのZoomの基本サービスを契約する必要がある。利用料金は参加者が500人までの場合で月額1万3306円(税別、以下同)のメニューを用意する。参加者が5000人までの場合は43万5456円。現時点では英語環境での利用となる。

50以上のアプリを提供開始

 一方で、「Zoom Apps」はZoomと連携するアプリを提供するサービスである。2020年に開催したズームの年次イベントで公表していたものだ。Zoomの画面から連携させたアプリを選択して利用できる。

 Zoom Appsは米アップルの「App Store」や米グーグルの「Google Play」などスマートフォンアプリ市場の、Zoom版といえる。外部の力を活用して、Zoom経済圏の拡大に取り組む考えだ。

 Zoomの最新版のクライアントで利用できるようになる。利用する際にはZoom画面の右側の「Discover」タブで表示される一覧から所望のアプリを選択。その後、各アプリの提供会社のサイトでサービスにログインすることで利用できるようになる。基本的にそれぞれのサービスを事前に契約しておく必要がある。また、会議の相手にアプリを利用してほしい場合には「送信」を選択する。

Zoom Appsの表示があるZoom画面例。右側に現れるウインドウからAppsを利用できるようになる。Zoom画面の下のバーにある「Apps」アイコンを選択すると表示される(赤枠は編集部によるもの)
Zoom Appsの表示があるZoom画面例。右側に現れるウインドウからAppsを利用できるようになる。Zoom画面の下のバーにある「Apps」アイコンを選択すると表示される(赤枠は編集部によるもの)
(出所:Zoom Video Communications)
[画像のクリックで拡大表示]