PR

 東京大学と日本IBMは2021年7月27日、日本初のゲート型商用量子コンピューター「IBM Quantum System One」が川崎市の「新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター(KBIC)」で稼働を開始したと発表した。東京大学は企業や公共団体、大学などの研究機関と協力し、量子コンピューターの社会実装に向けた共同研究を進める。

 IBMがIBM Quantum System Oneを設置するのは米国とドイツに次ぎ、日本が3カ国目。東大は2020年7月、産学官連携による量子コンピューティング技術の社会実装を目指す「量子イノベーションイニシアティブ協議会」を発足しており、慶應義塾大学やトヨタ自動車、日立製作所、みずほフィナンシャルグループ、三菱ケミカルらが参画している。KBICに設置したIBM Quantum System Oneを、実用的なアプリケーション開発などに向けて協議会会員と協力して活用する。

 量子コンピューターは物流最適化や金融のリスク管理、新素材開発などの分野での活用が期待されている。東大の藤井輝夫総長は国内に設置されたことの意義を「占有して大きな資源として使えるため、実装を広げる上で重要な位置づけとなる。次世代の人材育成にも役立てたい」として、積極的な活用に意欲を示した。