PR

 スーパーやディスカウント店を展開するトライアルホールディングス(HD)は2021年7月29日、福岡県宮若市、九州大学とリテールDX(デジタル・トランスフォーメーション)を軸にしたまちづくりプロジェクト「リモートワークタウン ムスブ宮若」を始めたと発表した。リテールDXの最先端基地と位置づけ、他小売事業者やメーカーなどと連携した実証実験に取り組む。

 小学校や中学校の跡地をAI(人工知能)技術やAIカメラなどのデバイス開発の拠点として活用する。宮若市が制度面などで後押しし、九州大学が先端技術やアート思考によるイノベーション創出を支援するという。トライアルの店舗を使い、メーカーや卸との販売データの共有によるサプライチェーン最適化などの実証実験も進める計画だ。

 トライアルHDの亀田晃一社長は同日の記者発表会で「1社ではできることが限られる。他企業や行政、大学を巻き込んでDXを推進する」と話した。トライアルHD子会社でスマートストア化を支援するRetail AIの永田洋幸社長は「宮若を新たなものを次々と生み出す米国のシリコンバレーのようなまちにしたい」と意気込みを語った。