PR

 KDDIは2021年7月30日、2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高は前年同期比4.6%増の1兆3002億円、営業利益は同2.9%増の2991億円と、増収増益だった。通信料引き下げで117億円の減益影響が出たが、金融やエネルギー、コマースなどで構成するライフデザイン領域をはじめとした他の成長領域でカバーした。

2021年4~6月期の連結決算を発表するKDDIの高橋誠社長
2021年4~6月期の連結決算を発表するKDDIの高橋誠社長
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年3月に提供を始めたオンライン専用ブランド「povo」の加入者は「100万くらい」(高橋誠社長)。質疑応答では、ソフトバンクの「LINEMO」が2021年7月15日に投入した月990円(税込み)の小容量プランへの対抗策を問われ、「すぐさま手を打とうとは思っていない」(同)とした。KDDIは「UQモバイル」において最安で月990円(税込み)となる「でんきセット割」を2021年6月に投入しており、こちらが好評。高橋社長は「プロモーションを分散させてもよくないので今はUQモバイルのでんきセット割に力を入れている」とした。

 5G(第5世代移動通信システム)に対応した端末の累計販売台数は2021年6月末で340万台を突破した。「5Gスマホのトラフィックは4G LTEの2倍以上」(高橋社長)といい、5Gでデータ通信の利用を促しながらARPU(契約当たり月間平均収入)の底上げを図っていきたい考えだ。