PR

 「(半導体不足は)今後も予断を許さない状況であり、支障をきたすことがないよう先手先手で対処していきたい」――。ソニーグループ(ソニーG)副社長兼CFO(最高財務責任者)の十時裕樹氏は、2021年8月4日に開催した決算説明会でこのような認識を示した。同氏は会見で、「(半導体不足により)いろいろな面で影響が出ているが、さまざまな手段を用いて手を打っている」と説明した。

ソニーグループ副社長兼CFO(最高財務責任者)の十時裕樹氏
ソニーグループ副社長兼CFO(最高財務責任者)の十時裕樹氏
(出所:会見の様子をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーGが同日発表した22年3月期第1四半期(21年4月~6月期)の連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比15%増の2兆2568億円、営業利益が同26.3%増の2801億円で、「第1四半期の実績としてはいずれも過去最高を更新した」(十時氏)。これに伴い、21年4月時点の通期の業績予想を上方修正。売上高は9兆7000億円に据え置いたものの、営業利益は500億円増の9800億円とした。

 分野別では、特にエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)が大幅な増収増益となった。売上高が前年同期比56%増の5763億円となり、営業利益は89億円の赤字だった前年同期から718億円の黒字へと転換した。“巣ごもり”により落ち込んでいたデジタルカメラなどの需要が回復の兆しを見せ、テレビやオーディオ機器などと合わせて販売台数が増加したことが主な要因だという。

 こうしたエレクトロニクス分野は、主要部品となる半導体の供給不足の影響を受けてはいる。ただし十時氏は、「(半導体調達の)セカンドソースを見つけたり、戦略的に在庫を持ったりするといった工夫をしながら生産や販売に支障が出ないように、今のところはコントロールできている」と話した。