PR

 アイリスオーヤマは、2021年8月2日に開所した研究開発拠点「アイリスオーヤマ東京R&Dセンター」(東京・大田、以下、東京R&Dセンター)において、研究開発人材を新たに120人採用すると発表した(図)。これにより同社は、家電を中心とする事業の設計業務の強化を図る。

図:アイリスオーヤマ東京R&Dセンター
図:アイリスオーヤマ東京R&Dセンター
入居するビルの外観(左)と内部の様子(右)(出所:アイリスオーヤマ)
[画像のクリックで拡大表示]
* アイリスオーヤマのニュースリリース:

 同月から24年7月までの間に、理系の大学を卒業した人材、高等専門学校を卒業した人材を30人ずつ、さらに中途社員60人の採用を計画している(表)。採用者を家電・法人向けロボットの機構構築や、回路・駆動・制御などの設計を担当する部門に配置し、多角化する事業の研究開発体制を整える。

表:採用予定人数の内訳
表:採用予定人数の内訳
(出所:アイリスオーヤマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は18年11月、東京における研究開発拠点として「アイリスグループ東京アンテナオフィス」を開設。20年からは、新型コロナウイルスの感染拡大への対応として、非接触で発熱者を検出する人工知能(AI)サーマルカメラやAI除菌清掃ロボットといったIoT(Internet of Things)製品を市場に投入してきた。

 さらに今回、家電やホーム製品、LED照明、IoT(Internet of Things)製品の開発・デザイン機能を持つ東京R&Dセンターを設置。製品の各種設計業務の強化と共に、デザイン・品質管理部門との連携強化を進めている。研究開発人材の補強によって多様化している事業の相乗効果を高める。