PR

 米Google(グーグル)は2021年8月18日(日本時間)、ミッドレンジ価格帯の5G対応スマートフォン「Pixel 5a (5G)」を発表した。世界的な半導体不足の影響から、製品の展開地域は日本と米国に絞り込んだ。2021年8月26日に発売する。

グーグルが「Pixel 5a (5G)」を発表
グーグルが「Pixel 5a (5G)」を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 製品の展開地域を日本と米国のみとした理由は、コロナ禍でサプライチェーンに問題が生じており、特に半導体不足が深刻であることから主要な市場に絞り込んだためだ。日本で発売する理由としては、「Pixel A」シリーズの人気が高いことを考慮したという。

Pixel Aシリーズ初の防水に対応、バッテリーを大容量化

 グーグルのAndroidスマートフォン「Pixel」シリーズの中で、ミッドレンジ価格帯Pixel Aシリーズの最新モデルがPixel 5a (5G)だ。なお、5G対応を明確にするため(5G)と表記しているが、4Gのみに対応したモデルは存在しない。

 本体には金属製ユニボディーを採用し、Pixel 5に似た滑りにくいマットな仕上げを採用した。画面サイズは6.34型、縦横比20:9(2400×1080ドット)の有機ELディスプレーは前モデルのPixel 4a (5G)より大きくなった。

 Pixel Aシリーズとして初めてIP67の防水防じんに対応。バッテリー容量は4680mAhに強化し、丸一日の利用が可能。重量は183g、本体の厚みは8.8mmといずれも前モデルより増している。

Pixel 4a (5G)(左)とPixel 5a (5G)の比較。基本性能の多くを引き継いでいる。厚みはPixel 4a (5G)の8.2mmから増した
Pixel 4a (5G)(左)とPixel 5a (5G)の比較。基本性能の多くを引き継いでいる。厚みはPixel 4a (5G)の8.2mmから増した
[画像のクリックで拡大表示]

 基本性能の多くは前モデルを踏襲した。プロセッサーは米Qualcomm(クアルコム)製のSnapdragon 765G、背面には1220万画素のデュアルピクセルカメラと1600万画素の超広角カメラを搭載。夜景モードや撮影後に明るさを調整できるポートレートライト機能など、他のPixelシリーズと同等の機能を利用できる。

Pixel 5a (5G)のポートレートモードで撮影
Pixel 5a (5G)のポートレートモードで撮影
[画像のクリックで拡大表示]