PR

 マツダは2021年8月18日、中国地方での記録的な豪雨を考慮して止めていた本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)の稼働を再開し、通常の操業体制に戻した。従業員や家族に人的被害はない。同社広報担当者は「引き続き状況を注視したい」と話した。

 マツダは、前日(17日)の昼勤と夜勤の時間帯で両工場の稼働を止めていた。工場への浸水といった直接的な被害はなく、降雨状況や予測、交通インフラ状況、災害情報を勘案して稼働停止を判断したとする。

マツダ「MX-30」
マツダ「MX-30」
(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]