PR

 ANAグループのANA FESTA(東京・大田)とTOUCH TO GO(東京・港)は2021年8月19日、羽田空港内で土産物などを扱う無人店舗を8月27日に開店すると発表した。品出しなどのバックヤード業務を担うスタッフはいるものの、顧客向けの店舗スペースは通常無人で運営する。

羽田空港内に開店する無人店舗「ANA FESTA GO」の外観イメージ
羽田空港内に開店する無人店舗「ANA FESTA GO」の外観イメージ
(出所:ANA FESTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 無人店舗「ANA FESTA GO」は第2ターミナルの地下1階に開店する。店舗面積は約41.95平方メートルで、入り口と出口にゲートを設置。出口手前にTOUCH TO GOの無人レジを2レーン設ける。顧客が商品を手に取り無人レジへ進むと、購入しようとしている商品の一覧が無人レジの画面に表示される。顧客はその内容を確認のうえ決済する。決済を終えると出口のゲートが開いて退店できる。支払いは現金、交通系電子マネー、クレジットカードに対応するほか、QRコード決済も対応予定。

出口手前の無人レジの画面には、顧客が購入しようとしている商品の一覧が表示される。顧客は画面をタッチ操作して内容を確認し、決済する
出口手前の無人レジの画面には、顧客が購入しようとしている商品の一覧が表示される。顧客は画面をタッチ操作して内容を確認し、決済する
(出所:ANA FESTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ANA FESTA GOでは、ANA FESTAが羽田空港内で運営する店舗の販売数量データを基に、人気のある洋菓子・和菓子の土産物をランキング形式で陳列する。このほか弁当やスナック類、飲料、ANA関連グッズなども置く。ANA FESTAは無人店舗を開店する背景について「搭乗前にスピーディーに買い物したい、非接触で会計を済ませたい、お薦めの土産物の中から手間なく商品を選びたいなど、顧客のニーズの多様化に応えるため」(発表資料)としている。営業時間は午前8時~午後8時。