PR

 楽天グループは2021年8月19日、ネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」の提供を2021年内に始めると発表した。第1弾として、群馬県を拠点に1都14県でスーパーマーケット138店舗を展開するベイシアが、楽天全国スーパーに出店する。楽天は西友と共同運営する「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウを生かし、ネットスーパー事業に関心を持つ全国のスーパー事業者のニーズを取り込む考えだ。

 楽天全国スーパーでは、受注管理やオンライン上の決済などネットスーパーを運営するためのシステムを提供する。集客や販促支援、配送といったネットスーパー事業に関するコンサルティングも要望に応じて提供する計画だ。

 スーパーの寡占化が進んだ米国に比べて、日本は全国で地域に根付いたスーパーが残っているのが特徴だ。新型コロナウイルス禍ではネットスーパーの需要が高まる一方、中堅・中小のスーパーにとっては初期投資やシステム開発、運営ノウハウといった面で参入障壁が高い。楽天は楽天全国スーパーの提供でスーパー事業者が初期投資を抑えながら、早期にネットスーパーを立ち上げられるようにする。