PR

 みずほ銀行は2021年8月23日、全国で最大130台のATMが一時使えなくなったと明らかにした。8月23日正午ごろに発生し、午後1時半までに復旧した。原因は「ネットワークが不安定になったため」(広報)としているが、現時点で詳細は明らかになっていない。

 ATMによる通帳やキャッシュカードの取り込みはなかった。現金を取り込んだATMが8台あったが、既に顧客に返却済みだ。

 みずほ銀行を巡っては、8月20日に店頭における取引を受け付け・処理できないシステム障害が発生していた。今回のシステム障害との直接的な関連はないとみられる。

関連記事 みずほ銀行「5度目」のシステム障害、原因はDBサーバーのハード故障