PR

 韓国・現代自動車の高級車ブランド「Genesis」は2021年8月19日、電気自動車(EV)のクロスオーバー車「GV60」を公開した。GV60は、同ブランドにとって初めてEVプラットフォーム「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を採用したモデルとなる。今回公開したのは外装と内装のみ。性能や技術仕様を含む詳細は今後数カ月以内に発表する予定。北米では2022年に発売する。

2022年に北米で販売するクロスオーバーEV、Genesis GV60
2022年に北米で販売するクロスオーバーEV、Genesis GV60
(写真:Genesis Motor North America)
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントは4個ずつ上下に分かれたツーライン・クワッド・ランプと幅広いグリルが特徴で、EV専用に最適化したデザインとした。グリルはアンダーボディに設置した高電圧2次電池の冷却効率を高めている。フードとフェンダーを組み合わせた「クラムシェルフード」を初めて採用し、バーツ間のラインを少なくした。

電動ドアハンドルでフラットな側面デザインを実現
電動ドアハンドルでフラットな側面デザインを実現
(写真:Genesis Motor North America)
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントからルーフ、リアまでのラインは、高性能クーペのようなシャープなシルエットにした。ドアハンドルは電動で、クルマに近づくと自動的に出てくる。リアのコンビネーションランプはフロントと同様のツーラインデザインで、ボディに沿ってサイドまで延びている。リアウインドーの下端にはクーペのようなリアウイングスポイラーを採用した。

GV60のデザインを象徴する「クリスタル・スフィア」
GV60のデザインを象徴する「クリスタル・スフィア」
(写真:Genesis Motor North America)
[画像のクリックで拡大表示]

 内装の特徴はセンターコンソールに配置された「クリスタル・スフィア」だ。球形のシフト・バイ・ワイヤー(Shift By Wire:SBW)で、車両の電源が入って運転可能状態になると球体が回転してSBWとして機能し、電源を切ると未来的な雰囲気の環境照明となる。

ダッシュボード。左右のフロントピラー下部に電子サイドミラーのディスプレイを設置
ダッシュボード。左右のフロントピラー下部に電子サイドミラーのディスプレイを設置
(写真:Genesis Motor North America)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダッシュボードは幅広でスリムなデザインとなっており、デジタル計器表示とAVNT(オーディオ、ビデオ、ナビゲーション、通信)の操作をディスプレイに収めた。GV60は空気抵抗の少ない電子ミラーを採用し、その映像はフロントピラーの下端に配置した左右のディスプレイに表示される。そのほか、クリスタル・スフィアやステアリング、ホーンカバー、サイドミラーコントローラーなどを円形とすることで内装デザインに均一性を持たせた。