PR

 大塚製薬工場と富士通は2021年8月24日、患者の低栄養リスクを早期に予測するAI(人工知能)サービスの構築に向けて、探索的な共同研究を始めたと発表した。国立がん研究センターや国立長寿医療研究センターとも連携して、2022年3月末まで共同研究に取り組む。

 がん患者については、手術や病気などの経過・回復の見通しがよくない「予後不良」に低栄養が関連しているという。そこで栄養状態の悪化を防ぎながら患者の治療を続けられるように、患者の低栄養リスクを早期に予測するAIモデルをつくって活用することで、適切な臨床栄養管理をできるようにしていく。

 共同研究では、国立がん研究センター東病院が電子カルテシステムで蓄積してきたがん患者1万人分の診療データを匿名化したうえで活用する。大塚製薬工場は診療データを分析して、低栄養の因子を絞り込み、AIモデルの構築や検証を進めていく。

 富士通は医療データを安全かつ安心に利活用できるようにするプラットフォームの開発などを進めて、ICT面から診療データの分析を支援する。国立がん研究センターは匿名化した診療データに加えてがん治療の医学的知見を、国立長寿医療研究センターは低栄養の判定に関する知見を、それぞれ提供していく。