PR

 NTTぷららは2021年8月24日、同社が運営するインターネット接続サービス「ぷらら」において、eスポーツの競技シーンで最適なネットワーク環境の実現を図った「ISPゲーミングオプション(仮称)」のクローズドβサービスを2021年9月に開始すると発表した。

 このオプションでは、提供する専用のインターネット環境において広い帯域を設定するとともに、通信環境に与える影響が大きいソフトウエア配信や動画配信のトラヒックの帯域幅をコントロールする。これにより、ゲームサーバーへのパケットロスなどによる遅延を起こりにくくし、eスポーツの競技シーンで最適な低遅延環境の実現を図る。

 eスポーツのゲームタイトルによっては、一瞬の攻防が勝敗を左右する場合がある。ゲーマーの遅延(ラグ)の不安を取り除くため、こうしたオプションの開発を進めてきたという。同オプションの本格サービスは2021年12月の開始を目指しており、クローズドβサービス期間中に専用環境でゲームなどを体験し低遅延などについてのアンケートに協力するβテスターの募集を8月24日に開始した。

発表資料