PR

 JR東海とJR西日本は2021年8月26日、東海道・山陽新幹線「のぞみ」の東京―博多間で、10月からテレワーク向け車両を導入すると発表した。ビジネスパーソンが働きやすい環境を用意し、新型コロナウイルス禍で低迷する新幹線の利用を促したい考えだ。

テレワークしやすい環境を用意し、新幹線の利用を促す狙いがある
テレワークしやすい環境を用意し、新幹線の利用を促す狙いがある
(出所:JR東海)
[画像のクリックで拡大表示]

 各便の7号車をテレワーク向け車両「S Work車両」と銘打ち、9月1日からネット予約「EXサービス」限定で売り出す。値段は通常の普通車指定席と同額となる。

 のぞみの新型車両「N700S」では、従来の2倍の通信容量を備えた新しい無料Wi-Fiサービスも用意する予定。さらに東海道区間では、のぞき見防止のついたてや、膝上クッション、小型マウスなどのビジネスサポートツールを無料で貸し出す。

 同様の試みはJR東日本やJR九州も進めており、各社のテレワーク需要を取り込もうとする動きが広がっている。