PR

 オムロンは2021年8月30日、工場で製品や部材を運ぶ自動搬送ロボットの管理ソフトウエア「Flow core2.1」を同年9月1日から世界で提供すると発表した。約1年ぶりのソフトウエアアップデートで、機種が異なる複数台のオムロン製自動搬送ロボットの動きを一括してシミュレーションする機能や走行データを可視化する機能を追加した。

 30~40台の自動搬送ロボットを使用する大型工場の場合、従来は経路の重複などでロボットの動きに支障が生じないように、本格導入までに約半年間の調整作業が必要だった。新機能によってこの期間を半分以下に短縮できる見通しだという。人手不足や新型コロナウイルス感染症などへの対策で必要性が増している製造現場の自動化ニーズに対応する。

新しい自動搬送ロボット用の管理ソフトウエアには、異なる機種のオムロン製ロボットの動きを一括で制御する機能などを追加した
新しい自動搬送ロボット用の管理ソフトウエアには、異なる機種のオムロン製ロボットの動きを一括で制御する機能などを追加した
(出所:オムロン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Flow core2.1では可搬重量やサイズが異なるモデルの自動搬送ロボットの走行を管理する機能を加えた。具体的には、可搬重量が60kg、90kg、250kg、1.5tのオムロン製ロボットの動きを一括で制御できる。ワークフローと走行量を同じソフトウエア上でシミュレーションすることも可能だ。事前にロボットの導入効果を把握する他、ワークフローを最適化させるのに役立つ。

 従来はロボットのモデルごとに異なるソフトウエアで動きをシミュレーションしていた。複数機種を使う場合、現場で実際に試行錯誤しながら走行を最適化する作業が必要だった。

 走行データの特徴を分かりやすく分析、表示する可視化機能も追加した。走行実績から自動搬送ロボットの停滞した場所や走行経路、使用率などの情報が分かる。従来これらのデータは可視化されていなかった。利用者はデータを参照し、ボトルネックの特定につなげる。改善方法を自動で提案する機能について同社担当者は「今後、実装することを視野に入れている」と語った。

 最新のソフトウエアはオムロンのWebサイトからダウンロードできる。価格は明らかにしていないが、従来のFlow core2.0から据え置く。新規ソフトウエアの提供により、21年度中にライセンスの総数を2倍にする目標を掲げる。

 オムロンは1997年以降、世界で数千台の自動搬送ロボットを販売している。40か国以上で稼働しており、「総稼働台数では世界首位」(同社担当者)と話す。Flow coreは以前のバージョンから最大で100台のロボットを制御でき、「他社と比べて制御できる台数が非常に多い」(同)という。