PR

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、製品トラブルの原因究明にかかる時間を短縮するソリューション「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」(以下、作業工程トレーサビリティ)を開発した。ネットワークカメラで録画した動画に製造番号などの文字情報を追加することで、原因究明までの時間を短縮し、省力化を図る。ビデオ管理ソフト「Milestone XProtect」のオプションとして、2021年8月下旬から提供する。

* キヤノンMJのニュースリリース

 作業工程トレーサビリティは、ネットワークカメラや録画サーバー、文字情報を付加するためのアプリケーションなどを利用する(図1)。イベント発生日時と製造番号などの製品固有情報を含むCSV形式のファイルを読み込み、その情報を付加したブックマークを録画映像に自動で追加する。製品トラブルが発生した際にMilestone XProtectで該当製品の文字情報を検索すると、膨大な映像データの中から該当製品の映像だけを抽出できる(図2)。

図1 「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」の構成例
図1 「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」の構成例
(出所:キヤノンMJ)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」の画面例
図2 「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」の画面例
(出所:キヤノンMJ)
[画像のクリックで拡大表示]

 組み立て後の検査時に傷などの製品トラブルが発生した場合、従来は作業員への聞き取りや、組み立て工程の様子を録画した全ての映像の確認などを通して原因を突き止めなければならず、時間とコストがかかるという課題があった。作業工程トレーサビリティにより、従来に比べて原因究明までの時間短縮を図れる。

 作業工程トレーサビリティの価格はオープンであるとして、明らかにしていない。オプションであるため本体であるMilestone XProtectが稼働に必要で、さらに「キヤノンMJ XProtectプロダクト保守」サービスへの1年以上の加入を条件としている。同保守サービスへの加入はMilestone XProtect本体相当の料金に加え、作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtectの年間保守料金、1セット当たり24万円が必要。

 14年にキヤノングループ入りしたデンマークMilestone Systems(マイルストーンシステムズ)とキヤノンMJが共同で開発した。同ソリューションを第1弾として、ネットワークカメラや映像解析ソフトなどを組み合わせて現場の課題解決を支援するソリューション群「映像DX」シリーズを展開していく予定。