PR

 スペースシャワーネットワークとオランダのINDEPENDENT IPの合弁会社であるSPACE SHOWER FUGAは2021年9月1日、全世界に向けた音楽デジタルディストリビューションサービス(事業者向けデジタル音楽流通サービス)を同日に開始したと発表した。

 SPACE SHOWER FUGAは、契約するアーティストやレーベルが保有するコンテンツを対象にした世界中の配信プラットフォームへの瞬時の供給や、それぞれの配信プラットフォームの特性を踏まえたマーケティングプランのカスタマイズを行う。加えて世界の主要拠点にいるINDEPENDENT IPのスタッフによる配信先へのダイレクトなプロモーション、配信の実績や分析データを基にしたマーケティングサポート、スペースシャワーが持つメディアの活用やイベントとの連動を主なサービスとして提供する。

 同社は、「こうしたサービスを提供することで、デジタルコンテンツのディストリビューターにとどまらず、アーティスト・レーベルのニーズ・意向を共有し、アーティストの価値を最大化することを多面的にサポートしていく」としている。

 SPACE SHOWER FUGAは2021年2月に設立された。出資比率はスペースシャワーが51%、INDEPENDENT IPが49%。

SPACE SHOWER FUGAの発表資料

スペースシャワーの発表資料