PR

 マツダは2021年9月2日、現行車に搭載するディーゼルエンジンの制御プログラムを更新して同エンジンの性能を高めるサービスを開始した。エンジン性能を最新の仕様に改善することで、既存ユーザーの満足度を高めるのが狙いである。

 新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」は、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」を搭載する小型車「マツダ3」と、小型SUV(多目的スポーツ車)「CX-30」の初期型モデルを対象にしたもので注1)、日本仕様車限定のサービスとなる(図1、2)。

注1)新サービスの対象となる車両の製造期間はマツダ3が19年4月2日~20年11月3日、CX-30が19年8月6日~20年11月30日である。

マツダ3
図1 小型車「マツダ3」
(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

CX-30
図2 小型SUV「CX-30」
(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 20年11月の道路運送車両法の一部改正によって、使用時の車両のソフトウエア更新による性能変更や機能追加が可能になった。同改正に基づきマツダは、今回のサービスを有料で提供する。ディーゼルエンジンのソフト更新は、今回が初めてである注2)

注2)マツダは21年2月19日に他の日本車メーカーに先駆けて、車両の制御プログラムの更新サービスを開始した。最初のサービスでは、ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」を搭載するマツダ3とCX-30の初期型モデルを対象に、エンジンやAT(自動変速機)、先行車追従(ACC)機能などの制御プログラムを無料で更新する。

 新サービスでは、現行車のエンジンの燃費性能を変えずに、最高出力を116PS(約85kW)から130PS(約95kW)に高める。これにより、発進加速の時の応答性や力強さが向上する。また、アクセルを踏み込んだときの加速が滑らかになる。さらに、3000rpm以上のエンジン回転数におけるトルクの落ち込みを抑えることで、高速道路における合流・追い越しなどで力強い加速を実現できるという。

 なお、新サービスの価格は4万6200円(消費税込み)で、別途ソフトの更新費が必要になる。ソフトの更新作業は、全国のマツダの販売店が担当する。