PR

 トヨタ自動車は2021年9月6日、中型車「カローラ アクシオ」と「同フィールダー」の既販車に搭載している自動ブレーキの性能を、ソフトウエアの更新によって向上させるサービスを開始した。両車の部分改良車の発売に合わせて始めたもので、昼間の車両にしか対応していない既販車の自動ブレーキを、昼間の歩行者も検知できるようにする()。

カローラ アクシオ
図 中型車「カローラ アクシオ」の部分改良車
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 アクシオとフィールダーの既販車は、トヨタの先進運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(TSS)」の第1世代システムを搭載する。過去に「TSS-C」と呼んでいたもので、自動ブレーキ用のセンサーにはレーザーレーダーと単眼カメラの一体型ユニットを使う。同ユニットはドイツContinental(コンチネンタル)製である。

 今回、同ユニットを構成する単眼カメラのソフトなどを更新して自動ブレーキを昼間の歩行者に対応させることで、予防安全性能を強化する注)。ソフトの更新費用は4180円(消費税込み、作業費別)であり、全国のトヨタ系列販売店で更新作業を行う。対象となる既販車の年式は15年3月~21年9月である。

注)9月6日に発売したアクシオとフィールダーの部分改良車は、昼間の車両と歩行者に対応する自動ブレーキを標準搭載する。

 なおトヨタは、ソフト更新によってTSS-Cを搭載する既販車の自動ブレーキを、昼間の歩行者に対応させるサービスを20年9月に開始。小型車「アクア」や同「ヴィッツ」など11車種の既販車を対象としていた同サービスに、今回カローラの既販車2車種を追加した()。

ソフト更新の対象車
表 ソフト更新の対象となるTSS-C搭載車
(トヨタの資料を基に日経Automotiveが作成)
[画像のクリックで拡大表示]