PR

 トヨタ自動車は2021年9月10日、同年9月と10月の生産計画を下方修正すると発表した。東南アジアにおける新型コロナウイルス変異株の感染拡大によって、現地からの部品調達に支障が出ているためである。8月時点の生産計画に比べて9月はグローバルで約7万台減り、10月は同約33万台の減産となる。変異株の影響が深刻化してきた。

 トヨタが21年8月19日に発表した生産調整計画によると、同年9月のグローバルの減産台数は約36万台に達し、8月時点の生産計画に比べて約40%の減少になるとしていた。内訳は国内が約14万台、海外が約22万台だった。

 これに対して今回の発表では、9月の減産台数は約7万台増えて約43万台となり、10月も約33万台の減産に追い込まれる。9月の追加分(約7万台)の内訳は国内が約3万台で、海外が約4万台。10月の減産台数(約33万台)の内訳は国内が約15万台、海外が約18万台と見込む。

 トヨタはこれまで21年度(21年4月~22年3月)通期の生産台数として930万台を計画していたが、今回の減産の影響を受けて900万台レベルに下方修正した。ただ、21年度通期の営業利益については、当初(21年8月時点)の見通し(2兆5000億円)を変更しなかった。

 トヨタによると、東南アジアでは変異株の感染拡大が長期化しており、複数の現地の仕入先(部品メーカー)の稼働が低下しているという。トヨタの工場や仕入先の部品メーカーでは防疫対策やワクチン接種に取り組んでいるが、依然として予断を許さない状況にある。11月以降の状況は見通せないとする。また、東南アジアの変異株拡大に加えて、車載半導体不足の影響も続いているという。

 なお、トヨタの国内工場の9月の生産調整計画は以下の通りである。10月の生産調整計画については、9月中旬に発表する予定だ。

トヨタ国内工場の生産調整計画(9月)
表 トヨタ国内工場の生産調整計画(9月)
赤字の部分が8月19日の発表からの変更点。トヨタの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]