PR

 SUBARU(スバル)は米国時間2021年9月10日、スポーツセダン「WRX」を全面改良し、22年から米国で発売すると発表した。排気量2.4Lの4気筒水平対向ターボエンジンや2ピニオン式電動パワーステアリング(EPS)を採用した。

出所:SUBARU
出所:SUBARU
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の全面改良で「インプレッサWRX」を含めると5代目となる。4ドアの4輪駆動車で、プラットフォームに「SGP(Subaru Global Platform)」を採用した。日本投入については未公表である。

 エンジンは「レガシィ」などに搭載するFA24型で、最大出力は202kW(271hp)、最大トルクは350N・m(258lb-ft)に達する。無段変速機(CVT)か6速手動変速機(6MT)を組み合わせる。スポーツ性を重視する車両ながらCVT搭載車には運転支援機能「アイサイト」を標準で搭載する。

 2ピニオン式EPSを採用し、ステアリング操作から車輪が動くまでの応答性を高めたとする。スバルは同方式EPSを「レヴォーグ」に搭載している。サスペンションは前がストラット式、後ろがダブルウィッシュボーン式である。運転モードの選択機能を備えたグレードでは、減衰力可変ダンパーを採用した。タイヤサイズは245/40R18。

 車両寸法は全長183.8インチ(4669mm)、全幅71.9インチ(1826mm)、全高57.8インチ(1468mm)、ホイールベース105.2インチ(2672mm)である。荷室容量は現行車と同様にベビーカーやゴルフバッグが入る容量を確保したとする。

出所:SUBARU
出所:SUBARU
[画像のクリックで拡大表示]

出所:SUBARU
出所:SUBARU
[画像のクリックで拡大表示]

出所:SUBARU
出所:SUBARU
[画像のクリックで拡大表示]