IBC岩手放送は2021年9月15日、被災地発アプリとして2014年に同社が自社開発した「IBCつながるアプリ」(ニュース・防災アプリ)の新機能として、「キキクルON ハザードマップ」を公開したと発表した。IBC岩手放送とゲヒルンの共同プロジェクトとして開発した。

 新機能では、岩手県内の洪水・土砂災害のハザードマップの上に、気象庁のキキクル(危険度分布)情報を重ねて表示できるようにした。2つの情報を組み合わせることで、ユーザーは災害が迫っている状況をピンポイントで、より正確に確認することができる。「放送では伝えきれなかった、それぞれのユーザーが必要な、より狭い範囲の情報を分かりやすく表示し、災害時の避難など身近な防災情報として役立ててもらう」とする。

 ハザードマップは岩手県の最新情報(2021年9月時点)を地図上に反映した。これは平時でも確認できる。キキクル情報は、洪水・土砂災害だけでなく浸水害の情報も配信する。さらに雨雲レーダーで雨の降り方を地図上にリアルタイム表示する。

 ゲヒルンは同日、IBC岩手放送と共同で岩手県内のハザードマップを整備・GIS化し、ハザードマップと気象庁のキキクルを重ね合わせて表示できるよう技術提供を行ったと発表した。

IBC岩手放送の発表資料

ゲヒルンの発表資料