PR

 電通は2021年9月16日、電通グループと大型イベントのVR化を推進する基盤システムを開発し、「東京ゲームショウ2021 オンライン」に提供したと発表した。今回の開発および提供は、電通グループが出資するambrと共同で実施した。

 電通のグループ横断の共創型組織「XRX STUDIO」と電通グループのR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ(DII)」が、ambrの「xambr(クロスアンバー)」という回遊型バーチャル基盤の上にVRシステムソリューションを開発した。XRX STUDIOとDIIの強みであるリアルイベントのプロデュースで培ったノウハウや実行力、顧客企業やパートナー企業とのネットワーク、リアル・オンライン・バーチャルをまたいだクリエイティビティーを掛け合わせることで、より没入感が高まる、大型イベントの魅力的なVR化を実現するとしている。

 電通はこのシステムの特長の1つとして、進化した同期型コミュニケーションを実現できる点を挙げる。具体的には、音声でのやりとりやアバターの頭上に一言メッセージを表示するHELLO機能などによって、他の人とコミュニケーションをとることができるようにした。友達と待ち合わせをして一緒に回ることができる機能も搭載した。これにより、バーチャルでつながりを感じながら、離れた場所にいる人々と場所や時間、思い出を共有できるとしている。

 この他に、従来のブース型ではなくスペース型の出展空間での世界観構築を実現するなどインタラクティブ性を進化させた点や、宝探しやアイテム収集機能などによってより回遊や参加を促進するモチベーション設計ができる点も特長としている。

発表資料