PR

 肥後銀行は2021年9月21日、ワンビシアーカイブズの電子契約サービス「WAN-Sign(ワンサイン)」を同月1日に導入したと発表した。同行はこれまで紙と押印で締結していた契約書に代わり、電子文書(PDF)への電子署名や電子サインでの契約締結に切り替えるという。

 電子契約サービスの導入によって、同行は紙の契約書の保管スペースや管理負担の削減に加え、印紙税・郵送費などの削減のほか、書類の押印作業を無くしてリモートワークを進めやすくなるという。契約書を電子化することで、災害時に契約書を紛失するリスクの回避も期待できるとしている。

 肥後銀行が導入するのはメール認証を利用した電子サインによる電子契約(メール認証方式) と、電子証明書を利用した電子署名による電子契約(電子証明書方式)の2方式。本部での各種契約で順次導入するという。

日本で印鑑レス契約が進まない理由は「法制度」の不備にあると言える理由