PR

 ダイハツ工業は2021年9月21日、国内の完成車工場における同年10月の生産調整(減産)計画を発表した。10月1日から15日の間に、国内5工場で断続的に生産を停止する。「5工場全体で、約2万台の影響が出る」(同社)と言う。

 10月に生産調整するのは、本社(池田)工場や滋賀(竜王)第2工場、ダイハツ九州大分(中津)第1工場などの5拠点()。東南アジアにおける新型コロナウイルス変異株の感染拡大が続き、ベトナムやマレーシアなどからの部品調達に支障が出ているためである。10月16日以降の操業については、「今後の部品の調達状況を見て決める」(同社)と言う。

表 ダイハツ国内工場の生産調整計画(8月~10月)
表 ダイハツ国内工場の生産調整計画(8月~10月)
黒字が8~9月の計画、赤字は10月の追加分である。ダイハツの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 東南アジアにおける変異株感染拡大の影響で、ダイハツは21年8月23日から9月30日にかけて、国内4工場で断続的に減産を行う予定である。その結果、4工場全体で約5万台の影響があるとしていた。ここに10月の減産分を加えると、生産への影響は約7万台となる。なお滋賀(竜王)第1工場は、通常通り稼働させる予定だ。